親世帯・子世帯のライフスタイルを考える

親子と言えどもライフスタイルはそれぞれ。気兼ねから感じるストレスや生活リズムのズレから感じる窮屈さで、「暮らしの快適さ」を損なってしまうことも…。「二世帯リフォーム」は『それぞれ別の家族が暮らす場所』と意識して考えるのが成功ポイントです。
朝の早い親世代、夜の遅い子世代では共有スペースの使い方が問題になりがちです。事前に家事の役割分担や交流の仕方を話合いルールを決めてしまえば、余計な気をつかわなくてすみますし、リフォームを考えるポイントになります。親子間で言いにくいことは、『第三者』である私たちがバランスを取りながら最良のプランをご提案いたします。

「再築の家」は
二世帯リフォームの成功ポイントを
「別の家族が暮らす場所」と考え、
二世帯のライフスタイルに合った
最良のプランをご提案します。

離れ型

建物を完全に分け、二世帯が独立して暮らす二世帯リフォーム住宅です。
親世帯・子世帯がそれぞれ自立したライフスタイルに適しており、建物が完全に別になっているため、それぞれ光熱費・食費・生活費がかかります。近すぎず遠すぎずの距離でお隣さん感覚で付き合うことができます。

分割型

同一建物内で生活空間を分け、二世帯が独立して暮らす二世帯リフォーム住宅です。
敷地面積の制限などで二つの建物が難しい場合や、それぞれ自立した生活を過ごしたい家族に適しており、一つの建物の中で玄関や水廻りを分けているが共有スペースもあり、一緒に暮らしている安心感があります。

共有型

同一建物内で玄関や浴室などを共有し、二世帯が寄り添いながら暮らす二世帯リフォーム住宅です。
二世帯住宅で一番多いタイプで、既存の家の広さ・構造・予算などから多くの場所を共有することになりますが、光熱費削減にもなります。お互いのライフスタイルを理解する暮らしから家族としての距離が近くなります。

それぞれのライフスタイルと合った
二世帯リフォームに
最適な間取りタイプを選び、
「再築の家」で世帯同士の
「いい距離感」を作りましょう。

再築の家では、
それぞれの世帯に合った間取りプランから
更に「ライフスタイル」や「悩みの解決」などを
リフォームプランに落とし込んでいきます。
最高の二世帯住宅を
私たちといっしょにつくっていきましょう。

Page Top